Photo: (月極)ミニロッカー

月極ミニロッカーお申込み

月極ミニロッカーのお申し込み用のPDF書類です。
下記のリンクをクリックして頂くと、別ウィンドウで申込書のPDFが開きます。
その申込書をプリントアウトして、利用規約を読んで記入して頂いて、利用を希望される店舗に郵送して頂くか、
直接その店舗まで持参して下さい。


月極ミニロッカーお申込み書PDF


月極ミニロッカー利用規約

月極ミニロッカー利用規約 2010年1月5日


第1項.総則
・本規約は、ミニロッカーを利用するにあたり、全ての内容を確認し、同意したうえで別紙申込書に署名することにより発効されます。

第2項.ミニロッカーの利用開始
・ミニロッカーの利用は、別紙申込み用紙に必要事項を記入し、所定の料金を支払い、または利用料金の振込が確認され、鍵の受渡を行った時点で開始となります

第3項.ご利用時間
・ミニロッカーのご利用時間は、設置されている店舗の営業時間に準じます。

第4項.ミニロッカーの利用範囲
・ミニロッカーは1日何度でも出し入れ可能ですが、私書箱としての機能は持っていません。


第5項.ミニロッカーに収容できない物
・揮発性もしくは毒性のあるもの、又は爆発物などの危険物。
・銃砲刀剣類等犯罪に使用されるおそれのあるもの、又は法令などにより所持、携帯が禁止されているもの。
・盗品その他犯罪によって得られたもの。
・臭気を発するもの、不潔なもの、腐敗、変質もしくは破損しやすいもの、又ミニロッカー内及び店内を汚損、棄損するおそれのあるもの。
・その他保管に適さないと認められる物。


第6項.収容物の確認
・当社が必要と認めた場合、収容物の確認を依頼する場合があります。
 その際利用者は、係員に収容物の開示を拒むことはできません。


第7項.利用料金
・利用料金は別紙により定めるものとします。
・利用料金のお支払いは、契約時または契約更新時に全額を、前払い頂きます。
・利用料金は、変更されることがあります。
・契約途中に利用料金の変更が行われても、前納された料金に追加入金を求めることはありません。
・利用料金の改定は、契約時または契約更新時より適用されます。


第8項.保証金
・保証金は、契約時に別紙に定める金額をお預かりします。
・保証金は、原則として契約終了時に返金しますが、以下の内容が認められた時には、お預かりしている金額から必要代金を差引いてご返金することがあります。
 利用者が鍵を紛失し、ミニロッカーのシリンダーキーを更新する必要がある場合。
 ミニロッカー内の汚損により、清掃・再塗装などのメンテナンスが必要な場合。
 契約期間終了後、3日間以上連絡もなく収容物を放置した場合、保証金から利用料金を差引きます。


第9項. 利用料金の延滞
・第7項、(3)により契約期間終了後も、当店(弊社)への連絡がなく、尚且つ契約更新の意思表示がされなかった場合、以下のように対応します。
1、契約期間終了後、2週間以上利用者からの連絡がなく、利用料金が滞納された場合、ミニロッカー内の収容物を移動します。
 そのうえで、ミニロッカー本体のシリンダーキーを更新します。
2、契約期間を終了し、2か月以上料金が滞納され、利用者からの連絡がなかった場合、収容物は、所有権を放棄したものとみなし、すべて廃棄します。
3、上記(1)及び(2)に要した費用はすべて、利用者からお預かりしている保証金により充当します。


第10項.契約期間と契約更新
・契約期間は、別紙利用申込書に明記した期間とします。
・契約期間終了日の14日前より更新の手続きを受け付けます。
・契約を更新する場合、利用料金はその時点での金額が適用されます。
・契約を更新する場合、ロッカー番号を変更していただく場合があります。


第11項.鍵の紛失
・ミニロッカーの鍵は、利用者が責任を持って大切に保管してください。
・鍵を紛失した場合には、直ちに設置店舗へ連絡してください。
・鍵を紛失した後、ロッカー内の収容物を出し入れする場合、契約者本人が写真付き身分証明証を持参し、係員に提示してください。
・別紙の鍵紛失届を提出してください・。
・上記の手続きが終了し、契約者本人であることが確定した場合、ミニロッカーを開錠します。
 なお、ロッカー本体のシリンダーキー交換代金として、3150円(税込)をお支払い頂きます。


第12項.店舗の判断でミニロッカーを開錠する場合
・収容物が第5項の『ミニロッカーに収容できない物』に該当又はその疑いがある場合、店舗判断によりロッカーを開錠し、収容物を確認する場合があります。
・収容物を確認し、第5項『ミニロッカーに収容できない物』に該当した場合、当社は下記の措置をとります。
 爆発物、毒物等の危険品又は銃砲刀剣類等犯罪に使用されるおそれのあるものが収容されていた場合、当社は直ちに所轄警察署に届出を行うとともに、利用者の身分を開示します。
 その他、第5項『ミニロッカーに収容できない物』に該当する収容物がロッカー内に置かれていた場合、直ちに廃棄する場合があります。


第13項.使用者の賠償責任
・利用者がミニロッカーを破損した場合、その修繕費用は利用者の負担になります。
・利用者が収容した物が原因で、他の利用者が収容している物品が破損又は汚損した場合、その原因となった利用者の負担により賠償して頂きます。


第14項.当店(弊社)の賠償責任
次の各号の場合、ミニロッカーの収容物に滅失又は棄損等の損害が生じたときにも、当社はその賠償の責任を負わないものとします。
・第5項の収容できないものを収容された場合。
・利用者が原因となった鍵の紛失及び盗用により、他の利用者が損害を受けた場合。
・司法権等の発動により、関係官公署から収容品を押収、又は証拠品として提出を求められた場合。
・天災、事故、その他不可抗力によるとき。
・その他当社の責に帰さない場合。


第15項.収容品の滅失又は棄損等の損害について当社に責任のある場合
・当社がお支払いする損害賠償金は三万円を限度とします。

以上